在宅秘書&ひとり親家庭の笑顔と仲間作りのお手伝い☆稲葉由梨

ひとり親(シングルマザーやシングルファーザー)やステップファミリー(子連れ再婚家庭)が少しでも笑顔になれるきっかけと仲間作りのきっかけになれるようなNPO法人『しんぐるふれんず』と在宅秘書の仕事について思いのままに発信。

ブログを引越しした副産物

ついこの間ブログをアメブロからここに変えた。

 

相変わらず毎日は更新せーへんけど。

思わぬ副産物を手に入れた。

 

アメブロの時はほんまに読んでくれるのかどうかすらわからんけど、アクセスがそれなりにあったのでなんかビビって書きたいことが書けないこともあった。

 

でも、こっそりここのブログに引越しをしてみた。

 

そしたら!だ!!

アクセスが格段に減った(笑)

 

そして、思わぬ副産物はここから。

アクセスが減った。

気が楽になった。

書きたいことが書けるようになった。

と、いうこと。

 

アクセス数ってもちろん頑張ろうってやる気にも繋がる。

 

でも、そこをあまり気にしなくなったら言いたい事言えるようになる。

 

私はそんなことないと思っていたけど…

どうやらアメブロの時は自意識過剰だったみたいだ。

 

いらなくなったものを手軽に売れるサイトも増えてますが・・・

 ふっと思いました。

私らが若い頃って・・・

まだガラケーで、なんなら画面もちっちゃくて白黒で(笑)

当時は、私はヤフオクをめっちゃ活用していました。

 

今は、すごく使いやすく簡単に不要なものを売り買いできるサイトもたくさん。

 

マメに出品すればとても売れるそうですね。

子供服も大人の服もあっという間に売れて、またその売れたお金であたらしいものを買う資金の足しにもできる。

 

そんなサイトがたくさんある中で・・・

先日、こんな投稿をFacebookページに書かせていただきました。

 

f:id:singlefriends:20170913080234p:plain

https://www.facebook.com/singlefriends0322/

 

無料で譲ってください。

そして、送料も負担して送ってください。

 

こんなお願いでした。

 

それが、なんと

90回のシェア

され、

約11300人

の方がこの投稿を見てくれました。

 

そして、毎日毎日たくさんのメッセージをいただきました。

 

世の中、まだまだ捨てたもんじゃない。

 

これからどんどん大人、子供問わずたくさんの洋服が届くと思います。

 

まずは、10月に大阪南部で行われるBBQイベントでシェア会をしたいと思います。

助けたいのになんとなく手を差し伸べられへん

電車や町中で大変そうなお母さんをみて、助けたいのに声をかけたらどう思われるやろ…とか変な気持ち湧くことないですか?

 

今のご時世、どんな人が何をするかわからんという世の中。

そんなことを思うお母さんの気持ちもわからんこともない。

 

しんどいのに頼れない、そんなお母さんもいてる。

昔の私がそうやった。

全部自分でしなあかんと思ってた。

 

そんな時に声には出さないけど、手伝ってくれる人がわかれば…

 

妊婦さんのマークみたいに、見た目ではわからんけど…みたいなものがあったんです。

 


f:id:singlefriends:20170912192308j:image

 

保育マーク。

 

本来は保育士さんが身につけて、子育て中の方の手助けをしてもらう側も安心してお願いできる。

 

ほんまならこのマークがなくても、助け合う

そんな世の中になるのが一番いいけど残念ながら今はそんな世の中ではない。

 

だからこそ、心から手を差し伸べたい人たちがいる

そんなことがわかるだけで、ちょっと安心するママさんもいるはず。

 

もっともっと全国にある広がってほしい!

 

私、、保育士でもなんでもないけど。

でも、自分が出来ることを出来るだけしていきたい。

そのモチベーションってどこから来るの?って勝手に来るもんちゃうし。

よく聞かれます。

『そのモチベーションはどこから来るの?』  

 

いや、毎日四六時中こんなんちゃいますよ(笑)

 

でもね、結局のところ

自分は何がしたいか

なんですよ。

 

私はひとり親(母子家庭・父子家庭)が少しでも心が軽くなるそして笑って過ごせる世の中を作りたい。

 

世の中作るって!

そんなことできるわけないやん。

はい、そんなこと思ったらそこで終了。

できるかもしれんやん!!(笑)

 

私一人では無理なことでも、その想いに賛同してくれる人がいて…その想いがどんどん受け継がれていけばいつかそんな世の中になる。

 

想いをどんどん繋げていく。

 

ひとり親家庭が笑顔になる

お金を稼ぐことかもしれんし、再婚をすることかもしれん。

人それぞれの方法がある。

 

だから、私はそこに寄り添いたい。

いや、寄り添いたいって言葉はなんか違うな。

そこにいくきっかけの一歩を作りたい。

 

それが私のモチベーション。

 

はいはい、自己満足ですよ(笑)

でもそれでもいいねん。

 

笑顔のひとり親の親子が増えれば。

 

明日、子供の自殺が一番多い日です

明日9月1日、子供の自殺が1年で一番多い日です。

 

2学期がスタートする日。

 

不登校という形で親へ知らせることができる

それができなくて毎日毎日つらいのに学校に行く

 

夏休みが明けると思うと・・・

大人だってその気持ちわかりますよね。

 

我慢していく必要なんてない。

嫌なら行かなくてもいい。

そんな決断、親のあなたはできますか?

子どもに伝えることできますか?

 

子どもは親の所有物じゃない。

大人の事情もあるでしょう、世間の目も気なるでしょう

お金払っているからもったいないと思うのでしょうか

 

大切な子供の一生を左右する日かもしれない。

大切な子供の一生を守ってあげれるかもしれない。

 

たった一言

「嫌なら別にいかんでもいいんちゃう?」

f:id:singlefriends:20170831143511j:plain

 

逃げてもいい!

逃げることは恥ずかしいことじゃない!!

 

可愛い子には旅をさせ・・・てみる?

今年から我が市の夏休みが1週間短くなりました。

親にとっては、なんともいい話!

エアコン完備になったんやからもっと短くてもいいのに(笑)

 

そんな夏休みが終わり、今日から二学期。

といえ始業式が今日で明日明後日はまた土日で休み。

 

f:id:singlefriends:20170825152110j:plain

 

今年小学3年生のチビ太(いつまでチビ太と言えるのか?)

去年も一昨年も夏休みは、事前に一緒に計画を立てがっつり宿題にも関わりました。

 

でも、今年はいい意味での放置。

自分で計画を立ててました。

約5週間あった夏休み

そのうち、1週間半を私の実家へ。

 

あとは、自由にしたらいいよ~と。

 

読書感想文の本も自分で選び、自由研究も自分でやることを探し、「うち勉」と呼ばれる自学も自分で決め、いつやるかも考え。

過保護な私は心配で心配で・・・いや、放置でした(笑)

 

でも、しっかり宿題も終わらせ、持ち物もちゃんと準備してた。

 

やれ!やれ!

大丈夫か?大丈夫か?

と言って、親もイライラして子供も反抗して・・・。

えぇことないやん。

 

意外と『任せてみる』ことで子供も自覚して、親の期待以上のことしてくれるかも。

 

一度、かわいい我が子に自分のことを任せてみるのもいいかも。

 

 

真似をするって恥ずかしくない

「人の真似ばっかりして」

と嫌がる人もいる。

 

でもね、いいと思うことは真似したらいい。

真似される方も真似されるってことは自分のしてることはいいことやって思えばいい!

 

真似して、じゃあそこからは?

真似だけなら何もそこから進歩しない。

 

真似して、そこに自分らしさをプラスしていく。

そしたら真似したことも自分のもんになる!!

 

f:id:singlefriends:20170823225618j:plain

まずは成功者の真似からスタートしてみたら?