在宅秘書&ひとり親家庭の笑顔と仲間作りのお手伝い☆稲葉由梨

ひとり親(シングルマザーやシングルファーザー)やステップファミリー(子連れ再婚家庭)が少しでも笑顔になれるきっかけと仲間作りのきっかけになれるようなNPO法人『しんぐるふれんず』と在宅秘書の仕事について思いのままに発信。

才能がない?やってもないのにわかるの?

『しんぐるふれんず』についてよく言われること。聞かれること。

 

小さい頃から特に何かができたわけではない。

勉強だって運動だってどっちかと言えば下の方だった。

学歴だって工業高校卒業。

だからと言って高校で学んだ建築を活かす仕事もせずに会社員をしてきた。

 

恵まれた結婚生活をしたわけでもない。

お金もなかったし、やりたいことなんて別になかった。

 

で、妊娠中に離婚。

チビ太が産まれてからも貧乏で貧乏で月末には数百円なんてこともざらにあった。

頼れる友達もいなかった。

 

毎日毎日朝の4時半に起きて、7時には家をでて夜7時の保育園のお迎えまで仕事。

家に帰ればご飯を作って、チビ太をお風呂に入れて、家のことをして…で、1日が終わり。

 

時間もない

お金もない

友達もいない

 

何一つ恵まれた環境ではなかった。

 

でも今は『しんぐるふれんず』という仲間を作る団体を持っている。

今では400組ほどのひとり親の皆さんがいてる。

仲間と言える人も沢山できた。

でもスタートしたのは、まさに何もない時期。

 

何もないからでけへん

なんて思いもしてなかった。

 

多分私の1番のいいとこやと思う(笑)

 

お金がないからでけへん

じゃあ、どれだけあったらスタートするの?

 

時間がないからでけへん

みんな時間は平等にあるけどいつからスタートするの?

 

1人ではでけへん

1人でスタートした人が大半ですよ。

 

とにかく動いてみないと何もわからない。

才能がない?

やってもないのに?

 

人の真似をする必要もない。

周りの目を気にして綺麗な言葉を並べて説明する必要もない。

 

イチローの言葉です。

『今自分がやっていることが好きであるかどうか。

それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。』

 

好きなことを突き詰めればたどり着きます。

そこに才能なんて関係ないんです。