在宅秘書&ひとり親家庭の笑顔と仲間作りのお手伝い☆稲葉由梨

ひとり親(シングルマザーやシングルファーザー)やステップファミリー(子連れ再婚家庭)が少しでも笑顔になれるきっかけと仲間作りのきっかけになれるようなNPO法人『しんぐるふれんず』と在宅秘書の仕事について思いのままに発信。

助けたいのになんとなく手を差し伸べられへん

電車や町中で大変そうなお母さんをみて、助けたいのに声をかけたらどう思われるやろ…とか変な気持ち湧くことないですか?

 

今のご時世、どんな人が何をするかわからんという世の中。

そんなことを思うお母さんの気持ちもわからんこともない。

 

しんどいのに頼れない、そんなお母さんもいてる。

昔の私がそうやった。

全部自分でしなあかんと思ってた。

 

そんな時に声には出さないけど、手伝ってくれる人がわかれば…

 

妊婦さんのマークみたいに、見た目ではわからんけど…みたいなものがあったんです。

 


f:id:singlefriends:20170912192308j:image

 

保育マーク。

 

本来は保育士さんが身につけて、子育て中の方の手助けをしてもらう側も安心してお願いできる。

 

ほんまならこのマークがなくても、助け合う

そんな世の中になるのが一番いいけど残念ながら今はそんな世の中ではない。

 

だからこそ、心から手を差し伸べたい人たちがいる

そんなことがわかるだけで、ちょっと安心するママさんもいるはず。

 

もっともっと全国にある広がってほしい!

 

私、、保育士でもなんでもないけど。

でも、自分が出来ることを出来るだけしていきたい。